2005年02月13日

情報処理技術者試験:ベンチマークも過去問で

前回は過去問が得点力を伸ばす一番の方法だ、という話をしましたが、過去問でもう一点、外せない話題がありました。

過去問で自分のベンチマークを取ろう

という話です。
具体的には、できるだけ早い段階で過去問か過去模試を本番と同じ時間でやって自分の得点源、失点源を知ろう。そして失点源を重点的に勉強しよう、ということです。

当然ですが、出題範囲とされている全分野から同じ配分で出題されるわけではありません。また、人によって得意不得意もあるはずです。
にも関わらず、勉強となると全分野に同じ配分で取り組んでしまうという非効率的な方法に陥りがちです。
資格のための勉強の目標は合格点に達することですから、唯一の進捗管理指標は本番での得点力のはずで、今日は問題集が何ページ進んだか、では学習の進捗を測ることはできません。

仮に過去問をやってみてネットワークは合格水準、データベースはイマイチ、となったとします。
ならばネットワークは試験直前までメンテナンス程度の勉強にとどめてその分の時間をデータベースに当てた方が効率的なのは明らかです。
また法律関連は出題比率が小さいので、思い切って一切勉強しないという選択肢もありえます。それは極論にしても、出題比率の大きい分野の勉強が一段落して自信がついた後まで手をつける必要はないでしょう。

こういった判断を下すための基礎情報として、本番形式での過去問演習は非常に使えます。

限られた学習時間、効率的に使って無理なく無駄無く合格に近づきましょう。
posted by 市井賢児 at 2005年02月13日 04:26
| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報処理技術者試験対策


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1922240
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。