2005年02月20日

グローバル変数:説明方法を変えてみようか

プログラマなら誰もが聞いたことのある「グローバル変数は使うな」という言葉。
「読みにくくなるから」との説明が多いけれど、「変化への対応が難しくなるから」というのはどうでしょうか。

結局は同じことを言っているけれども、プログラマやコーダーの視点での問題点よりも、プロジェクトやシステムの視点での問題点、悪影響を挙げた方が新人が「育つ」気がします。
顧客のビジネスモデル自体が変化への対応力を問われており、それを具現化したシステム、ひいてはプログラムにも変化への対応が求められます。それにアジャイル宣言の背後にある原則の2点目にも「変化の対応により顧客の競争優位に寄与する」との文言があり、若手プログラマ的にアツいトピックにつながりますし。

新たなバズワードの提案かも知れませんが、「読みやすさ」とか「保守性」よりも「変化への対応」の方が響く感じがするんですよね。

悪態のプログラマ」より「グローバル変数が嫌われる理由」のトラックバックでした。
posted by 市井賢児 at 2005年02月20日 23:38
| Comment(4) | TrackBack(1) | プログラミング


この記事へのコメント
こんにちは、はじめまして。
リンク張らせてください、ヨロシクです。(もう貼りましたけど。。)

グローバル変数ですが、私の場合、変数スコープはpublic static final以外は「全部privateにしなさい」で押し通しています。(そうじゃない変数は即刻変更指示)

理由は「privateでない変数は、結局ゴミ変数であるか、安直な設計で作成者自身が意味を明確にしていないことが大半」だからです。
Posted by equals at 2005年03月05日 12:05
リンクありがとうございます。
ちなみにこの blog のどのあたりが「リンクの価値あり」と思われたんでしょう?
イチ blogger としての興味です。

さて、実装言語が Java (やOOPL)だとそうですね。
でも結局「パブリック変数な役割を持ってしまうクラス」を作ってしまったり、なんてことにもなりがちです。(ウチらだけか?)
本当はグローバル変数という事象ではなく、設計に難アリという問題の本質に注視すべきなのでしょう。

Posted by 市井賢児 at 2005年03月05日 16:47
市井さんこんにちは。
理由は単純です。面白いから。
リアルな実務から市井さんが考えられたことが書かれているから面白いんでしょうね。
私は駆け出しぶろがーなんで、何でも面白いのかもしれませんが・・
Posted by equals at 2005年03月06日 08:24
禿しく同意.
Posted by Sou++ at 2005年03月07日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2050865

コードのS/N比:実装におけるルール
Excerpt: 私(だけ?)がよく使う言葉に「実装のエントロピーを下げる」とか「コードのS/N比」とかがある。 実装の中の無駄な部分(ノイズ)やゆらぎをできるだけ減らし、本来の実装の目的である実装対象のモデル(シグ..
Weblog: 実装すべし!/Javaフレームワーク開発者の日記
Tracked: 2005-03-06 08:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。