2005年05月28日

SQL の読み方

SQL をシークェルと読む人もいるようですが、エスキューエルですよね?

70 年代、IBM が System R に実装した RDB 言語は Structured English QUEry Language、SEQUEL です。SEQUEL はスペルのママ、シークェルと読むものでしょう。
ところが SEQUEL は他社の登録商標であったため、その後(本来 SEQUEL2 となるはずだったものに)SQL、Structured Query Language との名が付けられました。S の後に伸ばすのも、Q と L の間に 「ウェ」の音を補うのも無理があるので、これはエスキューエルと読むのが自然です。そして 80 年代以降、この SQL が、ANSI や ISO、JIS において標準となっていきます。

すると、SEQUEL と SQL の間には、
・IBM の System R の実装依存か、ポータブルか
・標準化されていないか、いるか
といった違いがあるわけです。

現在、私たちが SQL と呼んでいるものは後者の方なので、やはりエスキューエルと読むのが正しいように思えます。

用語辞典の類には両方の読み方が併記してあったり、モノによってはシークェルが本流でシロートさんはエスキューエルと読む、なんて解説をしているところもありました。

所詮は読み方なので、そう読む人が多ければ「そう読みます」でもいいんですが、シークェルという読みを説明しているところでも、こういった経緯に触れていないのには違和感を感じました。
posted by 市井賢児 at 2005年05月28日 19:24
| Comment(0) | TrackBack(1) | SQL


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3969928

SQLを「しーくぇる」とかって読むやつ初めて
Excerpt: 今日、SQLを「シークェル」?「シーキュエル」?とかって読むやつが居た。 もう、超気になって授業どころじゃない。 家帰って調べたら、 S...
Weblog: Do I like programming?
Tracked: 2008-12-23 01:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。