2005年05月30日

仕事のリードタイム短縮のために

私の課題の1つは、仕事のスピード感が遅いことです。

個々の単位作業の速度が遅いわけではなく……
  • 自分で抱え込みがち。
     詰まったところで疑問点をまとめ、識者に持っていくタイミングが遅い。
  • 自分の作業外の待ちが多い。
     回答待ち、他人の作業待ちが多く発生する。
……ために、トータルでのリードタイムに遅れが出ることが多いです。

他人に聞くのが遅れる理由は2つ自覚していて、
  1. 調べることで身につくスキルもある、とコストパフォーマンスを意図的に度外視している。
  2. 他人の仕事を中断させることに遠慮してしまう。
というのがあります。
コストパフォーマンス度外視は、自分への教育効果が十分に上がる範囲ならアリかと思います。でも資料の場所を知ってるか知らないかといった単純なケースもあり、立ち止まって、得られる効果の価値を考えてみることも必要そうです。
他人への遠慮は、他人の作業とその時点での集中具合が見えないだけに難しいところです。「向こう一時間の間のどこかで10分時間を下さい」と割いてもらう時間帯を向こうに判断してもらったり、「この作業のここで困っています、今止めるとこういった後続作業も遅れます」と話したりして、全体でのコストベネフィットのすり合わせをしています。

また根本的に「他人に聞く」というのが「判断を求めている」のか「知識を求めている」のかで、かなり違いがあります。
他人の知識を求めることが多いのであれば、どこかでまとまった教育機会をもらうのも1つの手ですね。

他人の作業待ちの原因は
  1. 相手の負荷状況が見えない
  2. 相手に回答のプライオリティが伝わりきらない
ことがズルズルと遅れていってしまう原因のように思えます。
社外の人(連携先のシステム担当)やお客様が相手のケースが多いため、質問のところと同様の密度のコミュニケーションが取れてないのが問題のようです。
posted by 市井賢児 at 2005年05月30日 01:49
| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3999264
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。