2007年10月03日

スタートアップ/ラップアップミーティングがもたらす5つの効果

 方法論メモ。
 スタートアップミーティングとラップアップミーティングは良いです。

 スタートアップミーティングとラップアップミーティングとは、それぞれ朝夕に行う 10 分から 15 分程度のミーティングです。
 チーム内全員参加、定刻スタート定刻完了がルール。どんなに忙しくても出席必須です。

 何をやるかというと、最低限度の情報共有のみ。逆に最低限度に絞るために 15 分までという制限があるともいえます。
 この時間内で全員が今日何をやるか/やったか、課題、対処案、作業の再割り振りなどを話します。
 リーダーは他チームの動きや全体進捗を皆に伝えます。

 これをやると何がいいか。
 定期的に新鮮な情報を全員が得ることで、プロジェクトにリズムが生まれるんですよね。
 そしてリズムがグルーヴを生んで、気づくとプロジェクトがスムーズに進むようになっている。
 信じられないかもしれませんが、やってみるとこの濃密なコミュニケーションによる効果にはスゴいものがあります。

 重要な作業に集中できる。
 朝「何をやるか」を宣言し、かつリーダーも含め皆に無言ながらも承認をもらっているので、その作業に集中しやすいです。
 何せ、スタートアップミーティングが終わって自分の持ち分になった作業は、メンバー全員から「今日の君の力はこれに当てるのがプロジェクトの進行上ベストだ」と言われたに等しいですから。
 しかもラップアップミーティングで報告する必要があるので、他人の目が良いプレッシャーになります。
 余計な作業に手をつけてしまう可能性が減りますし、周りも余計な作業を振ったりしずらくなります。

 邪魔が減る。
 「誰が何をやるか」のセミオフィシャルな宣言の場があるので、飛び込み作業が入ってくる可能性が減ります。
 周りが遠慮してくれるというのもありますし、「必要性を皆に説明し、最適な人に割り当てる機会が今日中に必ずある」ために、突如必要な作業が発生してもわざわざ作業中断させる必要性が薄くなります。
 これが地味ながら重要で、何か作業が発生したらそれが必要か?やるなら誰が適任か?を全員の頭で考えるわけです。

 チームに一体感が生まれる。
 リーダーから全体進捗やその中での自分たちの位置づけ、状況が伝わるのでモチベーションが保ちやすいです。
 我々は何を必要としているか。我々はどう貢献しているか。三人称での意識が自然とチームに一体感を作ります。
 よく昔の人は「組織の歯車」になることを嫌がったといいますが、このミーティングで逆に「歯車がガッチリと噛み合った感」が得られて、このために気持ちよく働けるようになります。
 日々プロジェクトが前進していることが実感できるわけです。

 問題への対処が早い。
 そして全員が「何をやるか」を宣言して「何をしたか」を毎日新鮮なうちに報告するので、進捗に問題が起こった時でも対処がはやくできます。
 誰かが遅れ始めた、どこの領域がマズそうだ、となったら日次で対処できます。
 スキル不足の露呈も早いですし、対処もその場で「じゃぁ私がこのタスクを後回しにして簡単なトレーニングを実施しましょう。コツを掴めば速いですよ」「担当をスイッチするのはナシですか?」なんてことが日々起こり、負荷の最適化が自主的になされます。

 思考モードが切り替わる。
 これは一番目と二番目のシナジーですね。
 作業中は自分の力をフル回転させて作業に集中し、ミーティングでは自分の力をどこに割り振るべきか皆と決める。
 予め決めた時刻の区切りで全員が思考モードを切り替えて話し合えます。
 ラップアップでは視線を手元から上げた状態で落ち着いて考えるので、作業中は全力を出しつつも、このままでいいか、何か方法を変える必要はないかを冷静に考える機会が、毎日あります。
 プロジェクトが非常に忙しくなると、まるで混乱した株式市場のようにあらゆるものに過剰に反応するような心理状態、思考状態になりませんか?
 そんな時でも毎日キッチリと頭を切り替えられるというのは、非常に効果が大きいです。

 以上、スタートアップ/ラップアップミーティングの効果でした。
 そしてこれら効果の導入がスムーズなのも特徴です。
 別に「邪魔しないようにしよう」「皆で意識を切り替えよう」などリーダーやマネージャーが皆に言い、守らせるといったことは必要ありません。
 ただ単に、一日に合計 30 分をスタートアップ/ラップアップミーティングを実施するだけで十分です。
posted by 市井賢児 at 2007年10月03日 02:18
| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。