2005年11月25日

プログラム=アルゴリズム+データ構造+インターフェース?

Rogue Engineer's Diary / やさぐれ日記より「「アルゴリズム+データ構造=プログラム」? 本当に?」。

面白いネタなので、メモ代わりリンク。

オブジェクト指向がパラダイム変換を伴っていたのは間違いないけど、それを端的に表すシンボルになるかも知れません。
デザインパターンのように、もやもやとした理解や共有知識に名前が与えられることで、我々が明確に知覚できるようになる効果も大きいです。

一方で、「アルゴリズム+データ構造=プログラム」という言葉が、現状に沿わなくなっているにも関わらず、1つの定理であるかのように今もプログラマの間で伝えられていることも注目に値します。

面白い。
posted by 市井賢児 at 2005年11月25日 00:47
| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9769940
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。